投資信託とはどんなもの?

自分のお金を上手く運用することで増やしていけるのが資産運用です。その方法は様々ですが、基本的に金融商品を購入するなどの行為が必要です。また元本が保証されないケースが多いので、損をしたくないという人にとってはハードルが高く感じられます。けれども初心者でも簡単に資産運用ができるものとして、投資信託があります。これは運用のプロに任せて、自分のお金を様々な金融商品で増やしてもらうというものです。

不動産を使った投資信託

不動産を使う投資信託は、REITと呼ばれています。マンションやビルの賃貸賃貸収入を得ることで、配当金を受け取れる仕組みとなります。出資者から募ったお金で物件を購入し、その運用益を分配する仕組みとなります。複数の物件に資金を分散できるのでリスクを回避できる利点があります。また不動産投資は株式のような短期的な増減リスクが少ないので、安定した収益が期待できます。

株式による投資信託の特徴

最も多く見られるのが、この株式売買により収益を生み出す投資信託です。国内だけではなく海外で運用するものを購入することもできます。運用スタイルも色々とあるので、自分に合うものを選ぶことができます。例えば長期的に安定した株価が見込める銘柄を保有するものや、逆に短期的な上昇が見込める銘柄に投資するものなど色んなタイプのものが販売されています。もちろんそれらを組み合わせて購入することも可能です。購入単価も安いので、初心者が資産運用するためには適した金融商品であると言えます。

金はいつの時代にも価値を失わない堅実な財産といえます。金そのものを所有する金現物取引も良いですが、金の先物取引はそれより高い資金効率が魅力です。