必須ではないがあると便利な保険

バイクに乗る方は自賠責保険に強制的に加入しないといけません。もし加入していないと罰金や罰が発生するので気をつけておきましょう。運転中に他人に怪我をさせたり死亡させたりすると最高3000万円までの補償を受けられるのが自賠責保険です。しかし基本的に相手の怪我を補償するものなので、自分の怪我には適用さません。そこで活躍してくれるのがバイク保険です。これは任意保険となっているので加入するかどうかは自分で決めます。バイク保険では対人賠償保険や対物賠償、搭乗者傷害保険や無保険車傷害といった便利な補償内容が魅力です。対物賠償保険はバイクの運転中に相手の車や家を壊してしまった時に保険金が支払われます。示談交渉サービス付きのものもあるので便利です。搭乗者傷害保険はバイクの乗車中に自動車事故で死傷が発生した時に適用されます。バイクの2人乗りにも適用されるのでバイカーは入っておいて損はないでしょう。人身傷害保険は契約バイクを運転中に同乗者が死亡してしまった時や怪我をしてしまった時に保険金がもらえます。付帯させると保険料が高くなりますが万が一のことを考えると付けておいて損はないです。無保険車傷害特約は相手が保険に入っていない場合、死亡や後遺障害になれば適用されます。十分な賠償が得られない時に活躍してくれる保険です。

ノンフリート等級も知っておくと良い

ノンフリート等級はバ保険料の割引を表す基準であって、1から20まであります。契約時は6等級から始まり、1年無事故だと1等級上がり仕組みです。等級が上がると保険料の割引が最大60%になるのでお得となっています。

バイク保険の見積もりを行うなら、各保険会社の保険料金を一括で検索できるバイク保険の一括サイトがおすすめです。各保険会社の保険料を一覧で見ることができるので、バイク保険が選びやすくなります。