資産運用で大事なポイントは?税金を払わずに運用できるの?

利益に対する税金をかけずに運用する

利益に対しては、所得税がかかるようになっています。給料や事業運営で得た利益に対して税金がかかるのはよく知られています。その他、預金を利用した時にも税金がかかります。税金の支払いは国民の義務ですが、その分自分の資産を減らしてしまうかもしれません。そこで、資産運用をするときにできるだけ税金がかからない方法を選択するようにしましょう。NISAと呼ばれる制度があり、1年当たりの投資の上限があるものの、得た利益に税金はかかりません。通常利益が出れば約20パーセントの税金がかかり徴収されますがそれがありません。そのため、効率的に運用できる可能性があります。証券会社などで作れるので、運用をしているなら口座を作った方がいいでしょう。

株式で行うのか投資信託で行うか

資産運用の方法はいくつかあり、株式投資、投資信託、不動産などがあります。どれがいいかは人によって異なります。経験している方法があるならその方法が良いと言えるでしょう。まだ一度も資産運用と呼ばれるものをした経験がないなら株式がいいのか投資信託がいいのかです。投資でよく言われるのは、分散投資の心がけです。一つのものに集中をして投資をすると、その投資先の価値が上れば利益も上がります。しかし下がれば利益も減ります。資産も減らしてしまいます。分散投資は、利益も損もそれなりになるような投資です。株式でも分散投資は可能ですが、投資信託は商品自体が分散されるようになっています。初心者なら投資信託の方がいいかもしれません。

ガソリンの先物取引は、地政学的リスクが影響しやすく値が大きく動くことがあります。そのため、ハイリスクハイリターンの金融商品となっていることから、取引の際には注意が必要です。

知ってるつもりじゃ駄目!きっちりすることが不可欠

心強い税金のエキスパート

税理士を目指す人が多いのは、それだけ注目度の高い職種であることを物語っているといえるでしょう。税のエキスパートとしてさまざまな場面で活躍するのが税理士の特徴です。税理士を必要としている人は、実に多くの立場の人になりますが、中でも個人事業者や中小企業経営者にとってはなくてはならない存在です。商売をしていくには、色々な税金をおさめることが必要です。その税金の仕組みや課税対象、節税対策などのアドバイスや助言をしてあげることが仕事になります。決して派手な仕事内容ではありませんが、社会に対する貢献度は大きいといえるのではないでしょうか。個人事業主や中小企業経営者にとっては、しっかりとした税金対策を行わなければ、行政指導などの制裁を受けることにもなりかねません。そういう意味でも税理士が必要なのです。

社会貢献度の高さが人気

税理士の果たす役割の一つが、納税者に代わって税金の正しい申告を行うことです。日本でも納税の義務を果たすことは重要です。節税は良いのですが、脱税や税金逃れは決して許されません。税理士に任せることで、正しい税金の申告ができることになるのです。弁護士や司法書士などと共に多くの人に尊敬されることも当然なのかもしれません。むろん、税理士として活躍するためには、試験に合格して資格を取得するなどの手続きが必要です。誰もがなれるというわけではありません。税理士の資格を取って、独立開業するケースも多く見られます。社会貢献度の高い職種です。

中小企業の経営者をサポートしているのが、地域に密着した葛飾区の税理士事務所です。記帳などの業務もアウトソーシングできるので、事務作業の効率化でも役立ちます。