時効援用をする場面に出くわした場合に知っておきたいこと

そもそも時効援用はどのような意味か

借金をする場合に、時効援用をする場面が出てきます。必ずしも時効援用をするわけではありませんが、いざという時には非常に重要になります。時効援用を理解するためには、借金の仕組みや時効について知らなければなりません。業者側が借金の請求をして来なくなってから5年間経過すると借金が帳消しになります。この場合、そのまま放置しておくと、相手から永遠に借金の催促が来ないわけではありません。仮に5年経過して借金の返済をしなくて良くなったとしても、こちらから相手に対して5年経過して時効が消滅した旨を証明しなければなりません。これを時効援用といます。万が一5年以上経過して相手に対して時効援用をしなければ、相手側は請求してきた時に払わなければならなくなります。そのため時効援用は債務者を守るために重要な手段の一つになることがわかるでしょう。

時効援用をするときの方法を知っておく

時効援用をする場合には、ただ単に相手方に電話をしただけでは足りません。なぜなら、相手方に「そのような電話は知らない」と言われれば、それを証明することができないからです。そこで、第3者がわかるように証明する必要があります。一般的に、時効援用で利用されるのは内容証明郵便です。内容証明郵便は、郵便局の方で手紙の差し出し人がどのような内容で、いつだれに対して手紙を出したかを証明してくれるものです。内容証明郵便があれば、第3者に対しても対抗することができるため、時効援用をすることができます。

時効援用は、時効制度の利用を相手に伝えることで債権者に意思を伝え、そこで初めて借金の時効が完了します。