相続税を賢く節税するには生前贈与をする!

相続税と贈与税の関係

相続税を節税する代表的な方法の一つに生前贈与がありますが、贈与税には相続税を逃れるために生前贈与を行う事を防ぐ目的があるため、高い税率が設定されています。しかし、近年の法改正により、一定の条件を満たす生前贈与については贈与税を非課税とする特例が制定されました。つまり、相続税を逃れるために高く設定された贈与税が非課税となった事で、相続が始まる前に財産を移転させ、節税を図る事が可能となりました。

非課税となる生前贈与には様々な種類がある

贈与税が非課税となる生前贈与には、住宅取得等資金や教育等資金、結婚や子育て資金のほか、相続時精算課税による生前贈与などがあります。祖父母や親などの直系尊属から、子どもや孫などの直系卑属に対する特例が多い事が特徴です。それぞれの非課税額は、住宅取得等資金は最高1,200万円(消費税が10%であれば3,000万円)、教育等資金は最高1,500万円、結婚や子育て資金は最高1,000万円となる上、原則として相続税を計算する際の相続財産には含まれません。相続時精算課税は、贈与者が死亡するまでの間に行われた2,500万円までの贈与額が非課税となり、相続時に改めて相続税を計算する制度です。この制度では贈与時の価額を相続財産含むため、値上がりする財産や収益不動産などを贈与する場合に節税効果があります。なお、2,500万円を超えた贈与額には一律20%の税率が掛かりますが、その贈与税が相続税より多い場合は還付される事もメリットです。

相続税の税理士を神奈川で探しているなら、事務所の数が多いので最適です。まずは、相続税の問題に強い事務所をリストアップしながら調べましょう。

申告には十分注意!贈与でも相続になる可能性!

申告漏れがあると加算税が追加される

税金の支払いには、賦課課税方式と申告納税方式があります。賦課課税方式は、賦課する側が税金を計算し、いくら払ってくださいと書類を送ってきます。それに従って納税します。その金額を払えば申告漏れや未納などは発生しません。申告納税方式は、まず自分で申告をして、申告内容に基づいて納税します。きちんと納税しても、申告内容に誤りがあると問題が発生します。相続税は申告納税方式なので、該当する人は必ず申告しなくてはいけません。相続税でよくあるのは、資産の計上漏れです。銀行預金や現金があるにも関わらず、それを計算せずに申告し、少ない税金で申告、納税するケースです。後で調査などがあって申告漏れが見つかると、加算税が追加されます。

3年以内に贈与した財産は相続財産になる

相続税対策としてよくあるのが生前贈与です。生前贈与にもいろいろあって、親族などに行う課税の特例と、一般的な贈与税の控除の利用があります。贈与税は、毎年110万円までの贈与に対してはかからないようになっています。これを利用してコツコツ110万円ずつ贈与する人がいます。ただし、亡くなる前3年以内に行われた贈与は、相続財産に含めなければいけません。これを忘れていると、後で相続税の申告漏れ、納税漏れが指摘されます。被相続人が亡くなった時点の財産の状況はわかりやすいですが、3年以内の贈与となるとはっきりしない部分もあります。わからないときは税理士などに相談すると良いでしょう。後でわかると悪気が無くても加算税が加算されます。

相続税の申告は、2月1日から3月15日までに所轄の税務署へ提出する必要があります。所得税の確定申告とは受付期間が違うので注意が必要です。

万一のトラブルに対応しやすい自動車保険を選びましょう

初心者におすすめの自動車保険の選び方

数ある自動車保険の中でも、対人賠償の金額が無制限のものは、交通事故のリスクに備えるうえでとても価値の高い商品としてみなされています。特に、仕事や私生活において自動車を利用する機会が多い人であれば、対物賠償や車両保険などの物損事故にも手厚く対応してくれる商品を選ぶこともおすすめです。自動車保険の加入プランの選び方に迷っていることがある場合には、ファイナンシャルプランナーなどの専門的な資格を持つ損保会社のスタッフに相談をすることが効果的です。なお、自動車保険に加入をするタイミングによって、月々の保険料の金額に差が出ることがあるため、各社の資料に目を通しつつ、生活上のニーズに合ったものを探すことがポイントです。

ロードサービスの評判の良い自動車保険が選ばれる理由

万全なロードサービスを受けることのできる自動車保険は、年齢や性別にかかわらず人気が高まっています。とりわけ、人身事故の際にすぐに損保会社のスタッフや弁護士などに相談ができる自動車保険の魅力は、数々の情報誌などで紹介されることがあり、保険料の高さや補償範囲などに注目をしながら、加入先を探すことがおすすめです。また、ロードサービスをさらに充実させたい場合には、様々な特約を付けることのできる損保会社を選ぶことで、オリジナルのプランを考えることも可能です。その他、交通事故の際に相手方との交渉をスムーズに進めるうえで、電話やメールによるトータルサポートを受けられる保険会社の特徴について、日ごろから加入者の声を参考にしつつ理解を深めることが大事です。

一括見積サイトを使って自動車保険の比較をするのが、月々の支払いを減らしながら、手厚い補償を受けるためのコツです。

時効援用をする場面に出くわした場合に知っておきたいこと

そもそも時効援用はどのような意味か

借金をする場合に、時効援用をする場面が出てきます。必ずしも時効援用をするわけではありませんが、いざという時には非常に重要になります。時効援用を理解するためには、借金の仕組みや時効について知らなければなりません。業者側が借金の請求をして来なくなってから5年間経過すると借金が帳消しになります。この場合、そのまま放置しておくと、相手から永遠に借金の催促が来ないわけではありません。仮に5年経過して借金の返済をしなくて良くなったとしても、こちらから相手に対して5年経過して時効が消滅した旨を証明しなければなりません。これを時効援用といます。万が一5年以上経過して相手に対して時効援用をしなければ、相手側は請求してきた時に払わなければならなくなります。そのため時効援用は債務者を守るために重要な手段の一つになることがわかるでしょう。

時効援用をするときの方法を知っておく

時効援用をする場合には、ただ単に相手方に電話をしただけでは足りません。なぜなら、相手方に「そのような電話は知らない」と言われれば、それを証明することができないからです。そこで、第3者がわかるように証明する必要があります。一般的に、時効援用で利用されるのは内容証明郵便です。内容証明郵便は、郵便局の方で手紙の差し出し人がどのような内容で、いつだれに対して手紙を出したかを証明してくれるものです。内容証明郵便があれば、第3者に対しても対抗することができるため、時効援用をすることができます。

時効援用は、時効制度の利用を相手に伝えることで債権者に意思を伝え、そこで初めて借金の時効が完了します。